ヤードム(タイの嗅ぎ薬)が個人輸入できるところを探して・・・

以前よく出張で頻繁にタイに行っていたのですが、タイで出会って手放せなくなったアイテムが、嗅ぎ薬・ヤードムです。
初めてヤードムに出会ったのは、道ばたでおじさんが何やら鼻につけて嗅いでいるのを目にしてからでした。
はじめは喘息の薬か何かだと思っていたのですが、タイに長く住んでいる友人に聞いたところ、あれは嗅ぎ薬だとのこと。
注意して見ていると、お姉さんもお兄さんも、おじさんもおばさんも、いたるところでヤードムを鼻に入れたり、鼻につけたりして嗅いでいます。
なぜ、ヤードムのような嗅ぎ薬を使うのかというと、タイのような暑い国では、熱気にやられて気分が悪くなったり、ぼーっとしてしまったりするので、気分転換にアロマのような感じで使用しているとのこと。
スースーする臭いが気持ちをシャキッとさせてくれるので、眠気覚ましにも最適です。
出張でヤードムを大量に購入してきて、東京の夏に利用していましたが、電車の中や、仕事中など、ヤードムが大活躍でした。
しかし日本では手に入れることができず、色々探していたところ、ベストケンコーなどの個人輸入があるということがわかりました。
個人輸入というと少し心配があるかも知れませんが、私がよく利用するサイトでドイツのハーブティやホメオパシーなどを扱う会社も個人輸入という形をとっています。
国際郵便などで届くので、注文してから手元に届くまでに、日数こそ少しかかりますが、全く問題なく手元に届きます。
一部の商品では、荷物の追跡が可能だったりしますので、心配な方は荷物追跡などの機能も使って見るといいと思います。
個人輸入の良い点は、安く手に入れることができる点。
そして日本で認可がおりていない医薬品も手に入れることができる点です。
海外出張が多かったり、海外で暮らしたりしていた方などが日本に戻って来て、日本で認可されていない薬があると、個人輸入という形を取って手に入れるそうで、私も海外出張が多く、一年のうちに3?4ヶ月は海外に滞在しているという生活をしていた頃は、海外で友人からすすめられたサプリやダイエット剤などを手に入れていました。
日本でも同じサプリやダイエットを手に入れたい場合には、ベストケンコーなどの個人輸入の代行業者を利用します。
今まで利用したことがあるものは心配は要らないですし、心配な場合にはできるだけ成分が自然のものや良いものを利用しているものを探すこと。
販売元の社名をインターネットなどで調べてみて、利用者のレビューなどを参考にすることもおすすめします。